活動状況

2011.06.09
カボチャ植え風景

ここでは、ケンズファームの野菜が植えられるところから、実際の商品になるまでの作業工程を現地で撮影した四季折々の写真を交えご紹介していきます。
さて、第1回の今回は、カボチャ植え風景のご紹介です。植え付けを行った6月9日の畑は、6日に降った強烈な夕立による田園状態からようやく水が引き、土が湿っている状態。最良の状態とは言えませんが、天気に恵まれ作業は順調に行えました。

作業は、こういった工程でした。


1.カボチャ苗を植える畑に事前にマルチングをし、地温を高め発育を促す。

【マルチングとは?】
栽培植物の保護、水分蒸発の防止、地温の確保などのために、畑や植え床などをわらやビニールで覆うこと。今回はポリフィルムを使用。

20110609_01
マルチ掛けした畑です


2.ポリフイルムに穴あけ器を用い60cm間隔にポリを穴明けすると同時にカボチャ苗が入っていたポリポットとほぼ同じサイズの穴を掘る。

20110609_02
ポット苗穴開け機です


3.4月から種を蒔いて育てたカボチャ苗を軽トラに積んで畑に配る。

20110609_03
所定の位置に配られた苗


4.カボチャ苗の植え付けはポリポットから外して慎重に掘られた穴に植え付け。

20110609_04
植え付け作業中!


5.ポリは風で飛ばされない様に植えた周囲に土を掛けて終了!

このかぼちゃを使った商品なども、現在考案中です。
まずは、収穫が楽しみですね。